SELF-LEARNING -4

現在形 過去形 原形 ~ing形 ~ed形
am/are/is was/were (to) be being been
((注意))まず初めに下の欄のbeの動詞フレーズのbeを無視して、「Beautiful!」などと表現してください。またそれをしてから今度はカッコ内の主語をつけて「This picture is beautiful.」と表現してください。

STEP1 ---肯定形です。
  
Beautiful.----> This picture is beautiful.
STEP2 ---Beautifulの前にnotをつけると「美しくない」の意味になります。否定形
  
Not beautiful.---> This picture is not beautiful.
STEP3 ---Isを文頭に置くと疑問の意味になります。疑問形
  
beautiful?---> Is this picture beautiful?
以下にあげたものは、ファンクションメソッド教材日常会話必須基本16動詞より抜粋したものです。
形容詞を使った様々なファンクションフレーズと形容詞との結びつきを確認してください。
いずれにしても、まず形容詞(青色の部分)を口からだし、それを主語と動詞(ファンクションフレーズ)を使ってきちんとした表現に高めることが大切です。

[VC感覚] be+形容詞(2)

【POINT】
be動詞が補語として形容詞をともなった用法。<<be動詞+形容詞>>のパターン
ただし、ここでは主語が「もの」のものをとりあげている。
形容詞によっては、もの主語と人主語とでは意味が異なる場合がある。

Are you available this afternoon?
今日の午後は手があいてますか?
Is this ticket available?
このチケットは有効ですか、利用できますか?

(1)
Is the room available?
その部屋は利用できますか?

(2)
This is bad.
これは悪い、ひどい

(3)
That's too bad.
悪すぎる、ひどすぎる
*tooは、「あまりにも」の意味。

(4)
My hometown is beautiful.
私の故郷は美しい

(5)
That is all right.
どういたしまして

(6)
That is better.
そのほうがいいですね
*betterは、goodの比較級 That is good. 「それはいいですね」

(7)
Paris is better for shopping.
パリは買い物にいいです
*be better for ~ 「〜によりよい」

(8)
The eggs are bigger than hens' eggs.
その卵はニワトリの卵より大きい
*biggerは、bigの比較級

(9)
Isn't it cheap?
それは値段が安くないですか?
*cheapの反意語は、expensive 値段は、hih, lowでも表現する。

(10)
This hotel isn't clean.
このホテルは清潔じゃない
*cleanの反意語は、dirty

(11)
Isn't it cold?
寒くないですか?

(12)
It is cool outside.
外は涼しい
*outsideの反意語は、inside

(13)
It is hot here in Tokyo.
ここ東京は暑い
*here in Tokyo 「ここ、東京では」

(14)
My bed is comfortable.
私のベッドは心地よい
*comfortable,beautiful,difficult,popularなど長いつづりの単語はmore, the mostをつけて比較級、最上級を表す。
 My bed is more comfortable than yours..
 My bed is the most comfortable. of the three.

(15)
My back is itchy.
私の背中がかゆい

(16)
This is different in size.
これはサイズが異なっている

(17)
Is the examination difficult?
その試験はむずかしいですか?

(18)
Your hair is very dirty.
あなたの髪の毛はとても汚い

(19)
Isn't Japanese easy?
日本語は簡単ではないですか?

(20)
This song is very popular.
この歌はとても人気があります

MEMO

importantやnecessaryやhardは次のような表現に発展しますが、英語の発想ではまずこのようなワンフレーズ表現が根底にあることを知っておいてください。

    Important! 大切だよ
--> It's important. (ソリャ)大切だよ 
--> It's important for me. (ソリャ)大切だよ、私には
--> It's important for me to leran English. (ソリャ)大切だよ、私が英語を勉強するのは


[VC感覚]  It is+形容詞+(for ~)+to+原形動詞フレーズ
 

【POINT】
It is+形容詞+(for ~) +to+原形動詞フレーズのファンクションフレーズ。
「そりゃ〜だよ」とまず形容詞を用いて判断をし、その評価の根拠となっている行為や状態をto+原形動詞フレーズで表現する。
for ~は、その行為や状態の主体を表す。
またこの表現は客観的な表現であることに注意してください。例えば同じ「〜できない」でも、can'tとhardでは文の意味は異なり、前者はいわば主観的な「気持ち」「気合い」の問題、後者は客観的な事情を表す。

I can't answer that question.
〔気持ちの上で〕その問題に答えることがでません
It is hard to answer that question.
〔客観的に〕その問題に答えることがでません

このパターンで用いられる形容詞は、主語が人以外で用いられるものだ。
また、(12)以下には同じような意味で使われるIt is+名詞+(for ~) +to+原形動詞フレーズのファンクションフレーズもあげておきました。

(1)
It is important for you to master English.
あなたが英語をマスターすることは大切なことです
● It is important to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは大切だ、重要だ, 重大だ」

(2)
It is better to keep from a person who is out of humor.
機嫌の悪い人には近づかない方がいい
● It is better to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのはよりよい」 betterはgoodの比較級

(3)
It's necessary for travelers to carry a passport.
旅行者はパスポートを携帯することが必要だ
● It is necessary to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは必要だ、なくてはならないものだ」

(4)
It's impossible to answer that question.
その質問に答えることは不可能だ
● It is impossible to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは不可能だ、ありえないものだ」

(5)
Is it possible for him to get there in time.
彼はそこへ間に合うように行けるだろうか?
● It is possible to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは可能だ、考えられる、受け入れられる 」

(6)
It's dangerous to mix negotiation with friendship.
交渉と友情をいっしょにするのは危険だ
● It is dangerous to+原形動詞フレーズ 「〜するのは危険だ」

(7)
It's easy to get there.
そこへは容易に行ける
● It is easy to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは簡単だ、たやすい」

(8)
It's hard to live on my salary.
私の給料だけで生活するのはむずかしい
● It is hard to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのはつらい、耐え難い」

(9)
It's pleasant to have a drink after work.
仕事のあとで 一杯やるのは楽しい
● It is pleasant to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは楽しい、愉快だ、気持ちのがよい, 快適だ」

(10)
It's safe to touch this dog.
この犬はさわっても大丈夫だ (かみつかない)
● It is safe to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは安全だ、大丈夫だ」

(11)
It's nice to be with you.
あなたといっしょにいて楽しい
● It is nice to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは気持ちのいい、快い、快適だ、楽しい」

(12)
It was a mistake for her to marry him.
彼女が彼と結婚するのは間違いだ
● It is a mistake to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは間違いだ」

(13)
It's a good idea for you to book in advance.
あなたが予約するのはいい考えです
● It is a good idea to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは言い考えだ」

(14)
It would be a pity to separate now.
今別れ別れになるのは残念だ
● It is a pity to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは哀れに思う、かわいそうに思う」

(15)
It's a shame to treat you like that.
君をそんなふうに扱うとはあんまりだ
● It is a shame to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは]残念だ、ひどい、気の毒だ」

(16)
It's a great pleasure to have you with us today.
本日はご出席いただいてうれしく思います
● It is a (great) pleasure to+原形動詞フレーズ 
 「〜するのは(とても)楽しく思う, うれしく思う」

MEMO

「Itは形式主語で真主語はto不定詞で表している、だからItには意味がなくto以下を先に訳す・・」といった教育文法がいかに英文を日本文に変換するためのメソッドかおわかりになると思います。
ネイティブの子どもたちは文法を知らなくても英語を話すのです。私たちも日本文法を知らなくても日本語を話しているのと同じです。

▲▲▲ ファンクションメソッド教材 日常会話必須基本16動詞より抜粋
(C)2002 Nakajima taichiro. All rights reserved

プラウザの「戻る」でお戻りください。