スポンサードリンク

これが21世紀の日本人のための英語学習法だ

これが21世紀の日本人のための英語学習法だ


英会話は瞬間の英作の連続だ!!

私がここでわざわざ「21世紀の」と言っているのは、「単語や熟語の丸暗記」「一文丸暗記のセリフ覚え」「中学くらいの文法さえできたら」「英会話学校さえ行きさえすれば」といった今までの学習法を疑ってみるべきだというところからの銘々です。
言うまでもなく、
ファンクションメソッドはファンクションフレーズと動詞フレーズとの組み合わせで瞬間の英作ができるメソッドです
それもまずは動詞フレーズの暗記こそがその一段階だと考えています。
どうしてそうなのか、理由は3つあります。

(理由その1)
ネイティブの子供もその段階をまず踏みます。動詞フレーズは原形の動詞フレーズで覚えるのですが、これはほとんど命令形で使え、彼らもそんなことばをまず覚えていくのです。どの言語を使う親も、子供のオウム返しを求めてことばを教えていきます。私たちもそうだったのではないですか。

    Go to bed!
    寝なさい
    Get up!
    起きなさい

こう命令された子供は、Yes. (I will) go to bed.やYes. (I will) get up.などと答えるのです。そしてこれをくり返すことによってgo to bedが「寝ること」、get upが「起きること」だと覚えていきます。このことは犬のしつけに、Sit!、Stay!、Go!などと教えるのとまったく同じです。
また命令形で使わなくても、自分の胸に手を当ててgo to bedと言えば、相手にはI willがなくても「寝るんだ」ということはわかるものなのです。

(理由その2)
これは日本語の特質から生じる問題です。例えば次にあげた例を見てください。英語はたった一つの動詞ですが、日本語の訳はまったく異なっています。

    wear a coat
    コートを着ている
    wear a crash helmet
    安全ヘルメットをかぶっている
    wear a diamond ring
    ダイヤの指輪をはめている
    wear a gun
    ピストルを携行している
    wear a seat-belt
    シートベルトを締めている
    wear a skirt
    スカートをはいている
    wear a tie
    ネクタイを締めている
    wear glasses
    メガネをかけている
    wear trousers
    ズボンを履いている
    wear turbans
    ターバンを巻いている

つまり「コートは着るもの」「ヘルメットはかぶるもの」「指輪ははめる」ものなのです。目的語によってどんどん意味が変化する日本語の発想から英語など話せないのは当たり前です。「英語は英語の発想で使う」これが重要なんです。

(理由その3)
例えば、次のwaitの動詞フレーズを見てください。動詞フレーズで暗記すれば、様々な表現を簡単に覚えることができると確信していただけると思います。ここではwaitは日本語の「待つ」と同じですが、どのように待つか、何を待つのかなどの表現がたくさんあります。これが本当の使える「語彙力」なのです。

wait a few moments
数分待つ
wait a long time
長く待つ
wait a moment
ちょっと待つ
wait a person's return
人の帰りを待つ
wait a second
ちょっと待つ
wait a signal
信号を待つ
wait alone
一人で待つ
wait and wait  
待ちに待つ
wait at airports
空港で待つ
wait at the meeting place
会議の場所で待つ
wait for a bus
バスを待つ
wait for a person until five
5時までずっと人を待つ
wait for a phone call
電話を待つ
wait for a taxi
タクシーを待つ
wait for a train
列車を待つ
You have to wait for a while.
しばらく待たなければなりません
Wait for my letter!  
私の手紙を待ってください!
I am waiting for our visas.
私たちのビザを待っています
wait for rain
雨を待つ
wait for someone
誰かを待つ
wait for summer
夏を待つ
Let's wait for the children.
子供たちを待ちましょう
I will wait for you there.
そこであなたを待ちます
wait half an hour for a taxi 
タクシーを半時間待つ
wait here
ここで待つ
Your friend will wait here.
ここで待っているでしょう
Wait here till I come back!
私が帰ってくるまでここで待ってください!
wait in the yard
庭で待つ
wait long
長く待つ
A waiter waits on tables.
給仕する
wait outside
外で待つ
wait outside the house 
家の外で待つ
wait over there
あそこで待つ
wait patiently
我慢強く待つ
wait there
そこで待つ

そして動詞フレーズを状況に応じて変化させるのがファンクションフレーズということになります。上の動詞フレーズの(カッコ )書きの部分をご覧ください。

以上、簡単に21世紀の英会話学習法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ファンクションメソッド教材「 ネイティブが選んだ英会話必須16動詞 」より抜粋

プラウザの「戻る」で戻ってください。

スポンサードリンク