スポンサードリンク

読者からのお便り

ホームページ訪問者及び読者からのお便り

[No.2]---(No.23〜No.35)

このページはホームページ訪問者及び読者からのメッセージを掲載しています。
個人名など、人物が特定されることばは省略していますが、生のメッセージをそのまま掲載することにしています。
ご遠慮なくどしどし感想や質問のメールを送ってください。
一般的な質問には個別にメールで返事させていただきますが、一般的な事柄に対してはこの欄で質問事項とその返事を掲載します。(なお、その判断は私がしますが、特に公開してもらいたくない場合はその旨をお知らせください)
<<<<<<<<個別の疑問は一般的な疑問でもあります。>>>>>>>>

(No.23)
子供が言語を獲得する過程を辿れば、誰でも言葉を話すことができるようになる、と確信し、何年も前から自分なりに実践してきました。会話能力向上には効果があったと思っています。メールマガジンの第1章を読んだだけですが、ファンクションメソッドには、共感します。ファンクションメソッドによる英会話練習は、体系化されていて効率的だと思います。

(No.24)
こんにちは。
私は中学まで英語が大好きでしたが、高校に入学して、単語と文法の暗記・長文読解ばかりの英語の授業が大嫌いになり、いまだに「英語」と聞くと身構えてしまいます。
でも、コンピュータ関係の仕事につきたいので、英語を使うのが苦痛ではない程度にはなりたいし、海外に旅行した際に、片言でもいいので受け答えできるようになりたいと思ってます。メールマガジンの購読も登録させていただきましたので、少しでも英語嫌いが治るようにしていきたいと思います。
よろしくお願いします。 

(No.25)
ありがとうございます。今度はバッチリでした。
get phase が1000個並ぶと壮観です。お願い事項次回もし同じような動詞フレーズの配信を企画されれば、また私も是非それをゲットしたくなるでしょう。
その時に書く配信者のアドレスはBCC欄に記入願えませんでしょうか?
今後もたのしみにしております。 

(No.26)
(getの動詞フレーズ1000の)ファイル、ありがとうございました。EXCEL97で読めました。
気付いたことがありますので、今後の参考になればと思い連絡します。

下記、1)、2)から、前回のファイル形式で、単に拡張子 .SLK を付けただけのものを添付していただけると、Windowsでは対応できない人がより少なくなると思われます。
1)今回送って頂いたEXCEL形式のファイルは、EXCELですとEXCE97以降のバージョンでないと読めません。

(EXCEL95では、「ファイルの形式が違います」というエラーメッセージがでます。また、クラリスではどうなのかわかりません)。
2)前に送っていただいたファイルでも、実はWindowsで十分に読めます。(EXCEL95でもEXCEL97でも読めました。)
今回送っていただいたメールにもございますように、拡張子の問題です。
使っているメールソフトによって対応が若干異なりますが、どちらも一度、ディスク上に保存した添付ファイルを直接開く必要があります。

Type A
Eudora、PostPet等、メール受信時に自動的に添付ファイルをメール本体から分離して保存するソフトの場合、保存されているファイルの名前を変更します。ファイル名の最後に拡張子 .SLK を加えるだけです。そうすればそのファイルをダブルクリックすることで、読むことが出来るようになります。

Type B
Outlook、Netscape他、添付ファイルがメール本文と一体のまま受信するソフトの場合、一度ディスク上に保存します。その際、ファイル名の最後に拡張子 .SLK を付け加えて保存します。そして「保存した方(拡張子 .SLKが付いた方)のファイル」をダブルクリックすれば、ファイルを読むことができます。

(No.27)
いつもメールありがとうございます。
とても、わかりやすく、英会話のいい練習になります。
これからも、よろしくお願いいたします。

(No.28)
メールマガジン楽しく読ませていただきました。
これからも購読を続け、勉強していきたいと思います。 

(No.29)
こんにちは
私はこの4月から言語学の道に進もうと思って勉強中です。
そこでネックなのが英語力です。しゃべることも書くことも満足のいかない状態です。 私が今までの英語の学習法に疑問を抱くきっかけになった出来事がありました。
それは、3年前から韓国に行くようになり、韓国語に触れる機会ができたのですが、語順が同じということもあり、英語学習よりずっと短い時間で英語より意志疎通が出来るようになりました。韓国語の学習法は2年間はひたすら耳に頼っての学習でした。韓国の友人に「これってなんて言うの?」見るものをかたっぱしから質問して、文字を使わず耳で覚えていきました。ある種、子供の言語獲得に似ていたのではないかと感じています。
韓国語はボーっとしていても自分の思ったことがすらすら出てきます(独り言がいえます。)。しかし、長年学んだはずの英語では、独り言も言えません。きっと英語の発想が出来ないんだと思います。つい文法から考えてしまいますから。私はこのことから、言葉は感情と結びついていることが大切だと感じています。
そんな意味でこの教材の「一語文から身につける」というのは、とてもおもしろそうだなと思いました。
ぜひ、勉強してみたいです。よろしくお願いします。

(No.30)
まぐまぐで中嶋さんのファンクションメソッドを初めて知りました。
現在海外に駐在中ですが、日本の子供達が大人達より早く言語を身につけたり、大人達ではまねできない発音をいとも簡単に身につけるのを観て、日本の英語学習もこうでなければならないなー、となんとなく考えていただけに、中嶋さんの方法を知って、間違ってなかったんだ、と自信が持てました。
かく言う私は、日本の英語学習法にどっぷり浸かってしまったので、日常会話が辛くて仕方ありません。ファンクションメソッドで自信をつけていきたいと思います。 

(No.31)
自分の会話力をワンランクアップさせる為のかべを乗り越えるためです。 

(No.32)
はじめまして〜と申します。
現在シカゴに住んでいます。2年間の海外駐在で一年3ヶ月が過ぎましたが会話の壁にぶつかっています。何とかそれを自分なりに破っていきたいと思います。

(No.33)
はじめまして。メルマガ、とても興味深く、読ませてもらっています。というより、眉間にしわを寄せながらという感じですが。
私は2歳と0歳の娘の母親です。子供の頃から、英語に興味があり、いつの日か使いこなしたいと思っていましたが、学校の授業に絶望して、中途半端にあきらめました。
でも我が子には何とかうまくなって欲しいと思い、いろいろな幼児教材も調べてみました。もちろんすばらしい教材もたくさんあるんですが、やっぱり親が英語で話しかけるのが一番じゃないかという結論に達しました。
そんな折こちらのメルマガを見つけ、さっそく購読した次第です。
NO,2まで読ませていただき、「これなら子供に話しかけられるし、私も勉強できる!」と一石二鳥の教材を見つけたことを、ラッキーに思っています。
今日は特に質問があるわけではないのですが、すばらしいメソッドを発見されたことと、子供が学ぶようにという企画に感謝したく、メールしました。 

(No.34)
いろいろな本や学校で何度も試しましたが、なかなか英語ができるようになりません。まぐまぐで見つけて、この学習法にすごく今、興味をもっています。
よろしくお願いします。 

(No.35)
getの動詞フレーズの膨大なファイルを送っていただいたのですが、メーラー「ユードラ」では、訳の分からぬ英字の羅列ばかりでした。また、「エクセル」でも読み込めませんでした。
申し訳ありませんがテキストファイルで送っていただきますようお願いします。


スポンサードリンク