スポンサードリンク

「だから英語が話せない その傾向と対策」

「だから英語が話せない その傾向と対策」

■だから英語に落ちこぼれた No.6 ■

 日本式英語読解法・後戻り訳

Mr.Brown: What do you do on Saturday?
     (3)何を(5)か?(1)あなたは(4)する(2)土曜日に

Emily: I go to school.
  (1)私は(4)行く(3)に(2)学校に

I have three classes.
(1)私は(4)受ける(2)3つの(3)授業を

(傾向)

本当に無惨なものだ。こんな英語教育を受けたら、みんな英語音痴になるのは当たり前だ。上の例をよく見てほしい。番号順に日本語を並べていけば英文が日本語に訳せるというわけだ。ちなみにこの訳し方を「後戻り訳」と言い、未だに我が国ではばをきかせている。
また逆に英作をする場合には、この番号順に対応する英語の単語を並べていけばいいとされている。

「何を」 ------> What
「か?」--------> do
「あなたは」----> you
「する」--------> do
「土曜日に」----> on Saturday

まるでパズル遊びのようだ。実は、このような学習法は江戸時代の末ごろからあった。
次の文は、あのジョン万次郎が著した英会話の本からのものだが、驚かれるかもしれないが、この英文にレ点などの記号がふってあった。

How are you?
いかが? おわすか 汝は

日本の英語教育は、江戸時代から何も変わっていない。

(対策)

もちろん、現在「いかが、おわすか、汝は」と説明する先生はおられない。しかし、これを「ご機嫌いかがですか?」などと意訳してそれを丸暗記させる学習が今花盛りだ。ところが、こんな学習は英語とは本質的に何の関係もないと私は考えている。私に言わせれば、いくらこんなものを丸暗記したところで、「日本語に英文らしき表現が混じっているだけ」なのではないだろうか。
日本語の「ご機嫌いかが?」に「ハウアーユー」が加わっただけだのだ。
本当は、How?ということばの意味を、次のような具体的な学習を通じて、生徒たちに徹底すべきだと思う。

How is the weather?
How is your car?
How is your computer?
How is your house?

How are you?
How is your family?
How is your wife?

これらを日本語のどう訳すかはさほど問題ではないのだ。英語は英語の発想を学ぶべきだと思うのだが。

天気はどう?
車の調子は?
あなたのPCの調子は?
あなたのお住まいの家のぐあいは?
  
ご機嫌いかが?
ご家族はお元気ですか?
奥さんはお元気ですか?


---------以上、No.7へ-----

目次に戻る
スポンサードリンク