スポンサードリンク

「だから英語が話せない その傾向と対策」

「だから英語が話せない その傾向と対策」

■だから英語に落ちこぼれた No.35■

 「Come here!がファンクションフレーズで様々な表現に!」

Do you come here?
あなたは(いつも)ここに来るの?

Don't you come here?
あなたは(いつも)ここに来ないの?

Why do you come here?
なぜあなたは(いつも)ここに来るの?

Why don't you come here?
なぜあなたは(いつも)ここに来ないの?

Would you (please) come here?
あなた、ここに来ていただけませんか?

(傾向)

日本の英語教育では、上のような文がばらばらに登場します。
だからいつまでも一文丸暗記の暗記地獄となるわけです。

(対策)

それぞれのファンクションフレーズと動詞フレーズをわけて覚えると簡単に様々な表現が可能となります。

Do you ~?
Don't you ~?
Why do you ~?
Why don't you ~?
Would you ~?

あるいは、次のような過去形の表現もあります。

Did you ~?
Didn't you ~?
Why did you ~?
Why didn't you ~?

come hereを別の動詞フレーズに変えて表現してください。

play golf ゴルフをする
play tennis テニスをする
make a speech 話をする、スピーチをする
help him 彼を手伝う
ask the way 道を尋ねる
dance with him 彼と踊る
wash yor hands 手を洗う
walk in a hurry 急いで歩く
jog ジョギングする
take a dog イヌを散歩させる
stand there そこに立つ
speak loudly 大声で話す
talk with a man 男と話す
meet a young man 若い男と会う
have a date with my wife 女房とデートをする

ここで登場したファンクションフレーズの数は9つ、動詞フレーズの数は15です。ということは、9×15で、135通りの文ができあがります。

---------以上、No.36へ-----

目次に戻る
スポンサードリンク