スポンサードリンク

「だから英語が話せない その傾向と対策」

「だから英語が話せない その傾向と対策」

■だから英語に落ちこぼれた No.30 ■

 「表現はワンフレーズから始まる?」

Please tell me your name?
どうかあなたのお名前を教えてください

Could you tell me your name?
あなたのお名前を教えてくださいませんか?

(傾向)

学校では、上の文をS+V+O+Oの文、つまり第4文型と教えています。
もちろんmeとyour nameという2つの目的語をとっているのでまったくその通りですが、これらの文の教え方に問題があります。
これは学校英語だけでなく、NHKの英会話講座でも同じような教え方がなされています。
「NHKの講座を10数年受講しています」と豪語されている方も多いですが、私にすれば、「さもありなん」、こんな教え方だと簡単な英語を話すにも10年かかるわな、と思います。

彼らの教え方は次のようなものです。

Could you tell me your name?
         the way to the station?
         the way to park?
         the way to the XYZ store?

そして彼らは、次のような説明をつけ加えます。
いわく、「この文は、meという直接目的語、your nameという間接目的語をとっています。訳すのは〜に、〜をする」
「Could youの表現は丁寧な表現で、Will you や Won't youも使われます」

(対策)

このことは、以前本に書いたことですが、家族でフランスに行き、パンダを見たいという子供たちの要望をかなえたいとパリ動物園を探したことがありました。
なかなか見つからず、いらいらしている私に見かねて、私の配偶者は突然、通りかかった紳士にとっさに話しかけました。
彼女いわく、

Zoo?

私は目が点になったのですが、彼はすぐに理解し、やさしく動物園への道を教えてくれました。
もちろん、Where is the zoo?と言えば、良かったのでしょうが、これでも十分伝わるものです。なぜなら東洋人が家族連れで、しかも地図を手にしているのですから、「動物園への道」を聞いているのかすぐわかるものです。
逆に私たちが、外国の人からたどたどしい日本語で話しかけられたら、聞く耳さえあれば、何を聞きたいのかわかるのと同じです。
さて、このような表現ですが、まさか、Zoo?では困りますが、きちんと話せなければ次のように言うべきでしょう。

The way to the zoo, please.

人にものを尋ねているのですが、pleaseをつけるとか、Excuse me,と話しかけるのは礼儀でしょう。そしてそれができたら、Tell me =「私に教えて」をつけたらいいのです。

Tell me the way to the zoo, please.
Please tell me the way to the zoo.

そしてそんなある意味で直接的な表現が出きるようになってから、それにWill youやWon't you、あるいはWould you、Could youをつけたらいいのです。言葉というものはワンフレーズから始めるべきなのです。

さて、学校やNHKの講座のことですが、私はこのような教え方を「ボックス型」と名づけています。つまり基本文という完成文を丸暗記させ、その単語を入れ換えて具体的な場で使いなさい、という教え方がこれです。
だから、このような覚え方をしている人は、話す前に一文を口の中で反芻し、もぞもぞと話すことになってしまうわけです。だから通じない。

また、名前や住所の聞き方ですが、次のような表現も覚えてください。

Your name, please.
Your address, please.
Your telephone number, please.

以上の表現ができたら、 次のようにきちんと言いましょう。

Will you tell me the way to the zoo, please?
Will you please
tell me the way to the zoo?

Will you tell me your name, please.
Will yo
u tell me your address, please.
Will you
tell me your telephone number, please.

あるいは、次のようにも。

May I have our name, please?
May I
haave your address, please?
May I
have your telephone number, please?

*青文字の部分をファンクションフレーズと言います。

---------以上、No.31へ-----

目次に戻る
スポンサードリンク