スポンサードリンク

「だから英語が話せない その傾向と対策」

「だから英語が話せない その傾向と対策」

■だから英語に落ちこぼれた No.23 ■

「be made of ~ とbe made from ~の区別は?」

This desk is made of wood.
Sake is made from rice.

(傾向)

以下は、be made of ~ とbe made from ~のについてのある中学教科書での説明です。

be made of ~   材料
be made from ~  原料

あるいは、TOEIC用の参考書に次のような説明を見かけました。
*の印の説明文は、そのままです。

be made of * 材料が本質的に変化していない場合

    This bat is made of wood.
    このバットは木製です

be made from * 原料が本質的に変化している場合

    We make wine from grapes.
    私たちはブドウからワインを作る

この説明は、私にはわけがわかりません。
「本質的に変化していない場合」を「材料」、「本質的に変化している場合」を「原料」と言うのではありませんか。

(対策)

さて、ofを選択するか、fromを選択するかは、「材料」か「原料」かというのはまったく間違いはありません。しかし、「そんな理解でいいのか?」というのが、私の意見です。
同じような例に次のようなものがあります。

(die of ~のもの)

(1)
die of AIDS
   エイズで死ぬ

(2) Many people
die of cancer.
   がんで死ぬ人が多い

(3)
die of disease
   病気で死ぬ

(4) He all but
died of his wounds.
   彼は重傷で命も危ういほどだった

(5)
die of shock
   ショック死する

(6)
die of a heart attack
   心臓病で死ぬ

(7)
die of hunger and cold
   空腹と寒さで死ぬ

(8) All the family
died of cholera.
   その家族のものはみなコレラで死んだ

(9) He
died of consumption.
   彼は結核で死んだ

(die from ~のもの)

(1) die from a wound
   傷がもとで死ぬ

(2)
die from overwork
   過労で死ぬ

(3) He
died from fatigue.
   彼は疲労が元で死んだ

(4) He
died from overwork.
   彼は過労で死んだ

(5) He
died from wounds.
   彼は怪我で死んだ

おわかりでしょうか。fromという前置詞の本質的な意味は、「起点」です。だから、死に至る直接的なイメージではありません。ただ、それが「起点」とはなっているが、直接的には他の病気、例えば化膿して、病気を併発して「死に至った」ということになります。
先のmake from ~ですが、これと同様、ブドウが「起点」となっているが、何らかの手が加わって、ワインとなるということです。

一方、ofですが、その本質的意味を説明する前に次の例文をごらんください。

(1) I am of the earth.
(2) I am
from the earth.

まず(2)は簡単ですね。「私は地球からやって来た」、つまり地球を「起点」として現在存在しているということで、「やって来た」といった訳となります。
それでは、(1)の意味はどうでしょうか。これはビートルズの歌詞にあったものです。

「私は地球の子だ」

どうして、「子だ」といった日本語があてはまるのでしょうか。
このofはoffから派生した語だとされています。つまりoffは「急速離脱」を意味します。ところが理解しにくいことに、このofには、「それでも結びついている」といった矛盾した概念を持っているわけです。「急速離脱」しているが「構成要素」となっているというわけです。
これで「私は地球の子だ」という訳になったことが理解していただけたと思います。もう一度述べます。つまり「私は地球から生まれたが、まただその構成要素だ」というわけです。

ここで、made of ~とdie of ~の意味がおわかりになったと思います。

This desk is made of wood.

「この机は、木材から離脱したが、まだ構成要素となっている」

die of ~については、病気が「その要素となっている」ことを表しています。

ところで、ビートルズでは、次のようになっています。

My mother is of the universe.
母は、宇宙の子だ

以上、説明しましたが、検索した部分を見ていただけば、その受け持ち範囲はきちんとしていないようです。つまり私たち日本人の感覚では。

die of hunger and cold
空腹と寒さで死ぬ


---------以上、No.24へ-----

目次に戻る
スポンサードリンク