スポンサードリンク

「だから英語が話せない その傾向と対策」

「だから英語が話せない その傾向と対策」

■だから英語に落ちこぼれた No.22 ■

「ねばならない」「〜てはいけない」という言い方(mustとmustn't)とは?」

You must sit down.
You mustn't sit down.

(傾向)

mustは助動詞で、意味は「ねばならない」、またmustn'tは「〜てはいけない」となるということはご存じでしょう。
ある中学教科書の「学習の友」におもしろい解説が載っていたので、紹介しましょう。だいたいこれが学校で教えられている説明です。

You + must + sit down.
1)あなたは 3)なければならない 2)座ら
     ---> あなたは座らなければならない

You + must eat + vegetables.
1)あなたは 3)食べなければならない 2)野菜を
     ---> あなたは野菜を食べなければならない

助動詞とは、あくまでも文字通り「動詞を助ける」ということです。ところがおもしろいことに、上の英文と番号を付した日本語を見比べて下さい。
上のものは、mustとsit downが離れた日本語訳となり、下のものは、must eatがひとまとまりのものとされ、「野菜を」という部分が離れた訳となっています。
彼らにとって、sit downはイディオムであるからこれを分離させることはできなかったと思います。 ところが、下のものは、eatとvegetablesは分離させています。なぜならこの文は5文型で言うS+V+Oの文だからです。
だから、mustとeatを結びつけて、「食べなければならない」という訳を当てはめたということです。
5文型の立場では、やはりmust eatと同じように、must sitを結びつけなければ矛盾すると思うのですが、どうでしょうか。

ここで、とても重要なことが浮かび上がってきます。それは日本の英語教育において底流しているとらえ方ですが、「ひとまとまりの行為や状態」を切り刻んでしまう発想です。この発想は、ここでは「助動詞は原形動詞をとる」ということに現れます。

「助動詞は原形動詞をとる」
   must sit   座らなければならない
   must eat   食べなければならない

つまり、彼らは、sit down「座る」、「野菜を食べる」という「ひとまとまりの行為」を分断してしまうのです。このとらえ方は、英文を日本語に読解するするには、役に立ちますが、英語を話したり書いたり、つまり英語で表現する場合にはほとんど役に立ちません。

(対策)

「ひとまとまりの行為や状態」を切り刻んではならないのです。
ここでは、sit down, eat vegetablesですが、これを分離させてはならない。

Sit down. 座れ!
Please sit down どうかお座りください
You must sit down. 座らなければなりません
             
Eat vegetables. 野菜を食べろ!
Please eat vegetables. どうか野菜を食べてください
You must eat vegetables. 野菜を食べなければなりません

   .          
Don't sit down. 座るな!
You mustn't sit down 座ってはいけません
You had better not sit down すわらない方がいい
   
Don't eat vegetables. 野菜を食べるな!
You mustn't eat vegetables. 野菜を食べてはいけません
You had better not eat vegetables. 野菜を食べないほうがいい

日本語でもそうですが英語でも、ことばはフレーズ(意味ある単位)となっています。それが基本となって、場面に応じた表現ができるようになるのです。
実は、この場面に応じた表現を可能にするのが、私の提唱するファンクションフレーズです。
日本の英語教育にこの視点が欠けているから、「10年学んでも英語が話せない」現実を作っています。

他のファンクションフレーズを使ったものをあげておきます。

You should eat vegetables. 野菜を食べるべきです
You ought to eat vegetables. 野菜を食べるべきです
You had better eat vegetables. 野菜を食べたほうがいい
You have to eat vegetables. 野菜を食べなければならない
You have only to eat vegetables. 野菜を食べさえすればいいのです
You don't have to eat vegetables. 野菜を食べる必要はない
I want to eat vegetables. 菜を食べたい
I am sure to eat vegetables. きっと野菜を食べます


---------以上、No.23へ-----

目次に戻る
スポンサードリンク