[V感覚] do+(副詞)
 

【POINT】

do+(副詞)の動詞フレーズをとりあげた。
doは「(行動、仕事、責任などを)する、果たす」が元々の意味だが、doの用法には、「(ものごと、事業、健康などが)うまくいく」といったものがある。

How are you (doing)? ご機嫌いかがですか?
I am doing very well.   とても元気にしていますよ

(1)
That will do.
それで間に合う(よろしい)、 もうやめなさい, いいかげんにしなさい

(2)
That won't do.
それはだめだ[いけない]

(3)
"Will this do?" - "That'll do."
「これでいいでしょうか?」「それでいいでしょう」

(4)
Anything will do.
何でもよろしい
* anythingは、「 何でも」の意味。

(5)
Any tea will do.
どんなお茶でもけっこうです

(6)
Any old thing will do.
どんな古いものだってかまわない

(7)
Either will do.
どちらでもかまいません
* eitherは、「(二者のうちの)どちらかの一方、どちらの〜でも」の意味。

(8)
Either car will do.
どちらの車でもよい

(9)
It will not do to talk business at dinner.
食事中に仕事の話をするのは困ります
* Itは仮主語、It will not doで「そりゃ困るよ」、to+原形動詞フレーズでその内容を表す。
To talk business at dinner will not do.

(10)
Do or die!
死ぬ覚悟でやれ!

(11)
Well done!
うまいぞ!, でかした!
* do well(うまくやる」を驚異を表すために倒置されている。beaf steakの「焼き方に」にも使われる。

(12)
Do as I say!
私の言うようにしなさい!
* asは接続詞で、「 [様態・状態を表わして]のように、〜のままで」の意味。

(13)
Do as you like, please!
好きなようにしなさい!

(14)
I will do as you say.
私はあなたがおっしゃるようにします

(15)
"Do better!" "I will do better next time."
「しっかりやりなさい!」「次回はもっとうまくやります 」
* do betterはdo wellの比較級。

(16)
You will have to do much better.
あなたはもっと努力しなければならない
You will have to+原形動詞フレーズ 「あなたは〜しなければならないでしょう」

(17)
I'm doing fine, aren't I?
どう、私よくやっているでしょう

(18)
You mustn't do too much.
あなたはやりすぎてはいけない
* too much(量)、too many(数)

(19)
His business is doing well.
彼の事業はうまくいっている

(20)
I will do so.
私はそうするつもりです

(21)
How's your family doing?
ご家族はいかがお暮らしですか?

(22)
How are you doing?
やあ元気かい?  [知人へのあいさつとして]

(23)
There, it's done!
やれやれ, これで済んだ
* 受身形

(24)
The work is done.
仕事が済んだ

(25)
I've been done.
私は一杯食わされた

(26)
On the whole, it is well done.
全体として、それはよくできている

(27)
It should be done at once.
それはすぐになされるべきだ
It should +原形動詞フレーズ 「それは〜されるべきだ」

(28)
Something must be done about it.
それは何とかし[手を打た]なければならない

CLOSE