[1] 補語が形容詞のもの
   
幸せよ

●形容詞でも日本語と英語の意味は一対一にならないのは当たり前!
中学英語では、英語と日本語の形容詞は意味的に一対一に対応しているように教えることから始まります。しかしこれが後に英語をわからなくさせる原因の一つとなっています。つまりbe動詞am,are,isの意味を「です、ある、いる」と教えようとするから、beautiful=「美しい」、pretty=「可愛い」afraid=「怖い」、long=「長い」、short=「短い」、quiet=「静かだ」、cold「寒い」、hot=「暑いといった「です」につながるような形容詞ばかりを登場させます。
しかし、当たり前のことですが、angry=「怒っている」、thirsty=「のどが乾いている」、hungry=「腹が減っている」、asleep=「眠っている」といった例を出すまでもなく、英語と日本語の形容詞は一対一の意味にはなりません。もちろんこれらの形容詞の意味が「いる」となっているからそれでいいと思われる人もいるでしょうが、そもそも「腹が減っている」を「空腹です」と覚えても問題は何ら解決されません。私たちは英語の形容詞を身につけるには、日本語訳ではなくどれだけその意味をイメージできるかにかかっているのです。

●これが英語の脳、英語の回路だ
以下の[Let's Try]には様々な文例が登場しますが、日本語訳は参考にするだけで青文字部分だけでその意味をイメージするように心がけてください。例えば、[Let's Try No.1]の(1)の文例をご覧ください。

Is she sick?

この英文を一文丸暗記したところで、「彼女は気分が悪いの?」といったことしか表現できません。しかし「気分が悪い」人は「彼女」だけに限らなく、様々な主体(主語)についても表現する場合があるのは当然です。あるいは「気分が悪いのよ」とか「気分は悪くないの?」と表現したいこともあります。文例を見られた場合に例えばこのsickを中心にして[テーブル]にあげられているファンクションフレーズによってどれだけ表現を展開できるかという視点を持っていただきたいと思います。もちろんすべての表現の展開をしなければならないというのではありませんが、常にその表現展開の回路を頭に持つことが大切なのです。あるいは表現の枠組みと言ってもいいですが、頭にその枠組み(英語の回路)さえできていれば、他のafraid of dogs(犬が怖い)、lonely(孤独だ)、angry(怒っている)などもその回路で処理できます。これが場面や状況に応じて英語をPUT PUTできるということになり、つまり自由に英語が話せることにつながります。これらのファンクションフレーズが日常生活の中でとっさに口から出るようになれば、あなたの頭に英語脳、英語の回路が構築された瞬間だと言えるでしょう。

●今まで学習してきた単語が英語表現として活性化する
となれば、今まで覚えてきた[Let's Try]には登場していない様々な形容詞が英語表現となって活性化し、あるいは今後の学習で出会う様々な形容詞もその回路で処理されることになることになります。

friendly 人なつっこい kind 親切だ
careful 注意深い neat きちんとしている
honest 親切だ generous 寛大だ
stingy ケチだ active 活発だ
healthy 健康だ famous 有名だ
free 自由だ、暇だ honest 正直だ

cheap 安い expensive 高価だ
beautiful 美しい fine 見事だ、晴れている
delicious おいしい rainy 雨降りだ
hot 暑い、熱い cold 寒い、冷たい
old 古い new 新しい

以上のことは、他の[Let's Try]でもまったく同じです。

[音読ドリル-1] 現在の「存在」を表すファンクションフレーズ be動詞

(対話者間)
あなた、今幸せなの?
ええ、幸せよ
いいえ、幸せじゃないよ

※あなた、今幸せじゃないの?
いいえ、幸せよ
ええ、幸せじゃないよ

(第三者を話題に)
ビルは、今幸せなの?
ええ、幸せよ
いいえ、幸せじゃないよ

※ビルは今、幸せじゃないの?
いいえ、幸せよ
ええ、幸せじゃないよ

[会話例]
あなたのお母さんは、忙しいですか?
はい、忙しいです / いいえ、忙しくありません
※否定疑問形での応答では、相手の問いが事実そうならYesと、そうでないならNoと答えるのが英語の発想です。この場合日本語の発想ではYesとNoが、それぞれ「はい」「いいえ」となります。このことはすべての否定疑問形に共通します。

[音読ドリル-1] 現在の「存在」を表すファンクションフレーズ be動詞

(対話者間)
Are you happy now?
Yes. I am happy now.
No. I'm not happy now.

※Aren't you happy now?
Yes. I am happy now.
No. I'm not happy now.

(第三者を話題に)
Is Bill happy now?
Yes. He is happy now.
No. He isn't happy now.

※Isn't Bill happy now?
Yes. He is happy now.
No. He isn't happy now.

[会話例]
Mom: Is your mother busy now?
Child: Yes. she is. / No. she isn't.
※否定疑問形での応答では、相手の問いが事実そうならYesと、そうでないならNoと答えるのが英語の発想です。この場合日本語の発想ではYesとNoが、それぞれ「はい」「いいえ」となります。このことはすべての否定疑問形に共通します。

[Let's Try No.1]
be動詞+形容詞のもの(人主語)

(1)
Is she sick?
彼女、気分が悪いの?

(2)
Aren't you afraid of dogs?
あなた、イヌが怖くないの?

(3)
Are you all right?
あなた、大丈夫なの?

(4)
You are lonely, aren't you?
あなた、孤独なのね

(5)
Dad is very angry.
パパがとても怒ってるよ

(6)
My wife is asleep in bed.
妻はベッドで眠っています

(7)
We aren't hungry.
私たち、お腹がすいてないよ

(8)
Mom is crazy about the TV game.
ママはそそのテレビケームに夢中です

(9)
Aren't you thirsty?
あなた、のどが渇いていないの?

(10)
Aren't you cold?
あなた、寒くはないの?
文例の(5)、Dad is very angry.のveryは「とても、大変」の意味ですが、否定形、否定疑問形となると「あまり〜ない」、「あまり〜ないの?」といった意味となます。
Dad isn't very angry. Isn't Dad very angry?

● もの主語の表現

もう一度 【英会話の九九 テーブル No.1】にある(8)と(9)にあげられたファンクションフレーズをご覧ください。これはIt、Theyとそれぞれ単数形と複数形のもの主語を表したものです。
ここでももちろん[GROUP A]はその肯定形、[GROUP A]はその否定形、[GROUP C]はその疑問形、そして[GROUP D]はその否定疑問形を表しています。

It is cold outside.
外は寒いよ
It isn't cold outside.
外は寒くないよ
Is it cold outside?
外は寒いの?
Isn't it cold outside?
外は寒くないの?
It is cold outside, isn't it?
外は寒いのでしょう?
It isn't cold outside, is it?
外は寒くないのでしょう?

以下の[Let's Try]にあげられた文を元にして、人主語で行なったような様々な展開をしてください。もちろんすべてを肯定や否定、疑問、否定疑問文にそのまま展開しなさいということではありません。英語も人間のことばだから機械的にはなりませんが、それは常識で考えてください。例えば、Is my back itchy?(私の背中、かゆいの?)は変ですね。これはIs your back itchy?(あなた、背中がかゆいの?)くらいに変えてください。
またここでもveryを否定形と、否定疑問形で使うと「あまり〜ない」「あまり〜ないの?」といった意味となることに注意してください。

The lights aren't very beautiful.
その明かりはあまりきれいじゃないよ
Aren't the lights very beautiful.
その明かりはあまりきれいじゃないの?

[Let's Try No.2]
be動詞+形容詞のもの(もの主語)

(1)
It is windy outside.
外では風が吹いてるよ

(2)
It is hot here in Tokyo, isn't it?
ここ東京は暑いですね

(3)
It is dangerous.
それは危険だよ

(4)
Is the telephone available?
電話が利用できますか?

(5)
My hometown is beautiful.
私の故郷はきれいだよ

(6)
The lights are very beautiful, aren't they?※
その明かりがとてもきれいだね

(7)
Paris is better for shopping.
パリは買い物にいいです

(8)
Isn't it cheap?
それは値段が安くないですか?

(9)
This hotel is clean, isn't it?※
このホテルは清潔ですね

(10)
My back is itchy.
背中がかゆい
※付加疑問文では、つけ加わるフレーズには常に代名詞(it, they, I, you, he, sheなど)を使うことに注意してください。

[Let's Try No.3]
be動詞+形容詞のもの(もの主語)

(1)
This cake is very nice .
このケーキはとてもおいしいよ

(2)
This food is awful .
この食べ物はひどい味がするよ

(3)
It is better .
それは苦い味だね

(4)
This pudding is not delicious
このプリンはおいしくないよ .

(5)
This soup is great .
このスープは素晴らしいね

(6)
It is horrible .
それは恐ろしい味だよ

(7)
It is beautiful .
それは素晴らしいね、おいしいね

(8)
Some wild plants are really good .
野生の植物には本当においしい味がするものがあるよ

(9)
The milk is sour .
その牛乳はすっぱいよ

(10)
It is very sweet .
それは味がとても甘いよ、とてもおいしいよ

※ thisは話者から近いものを指し示し、thatは離れたものを指し示します。
 theは、「例の、その」という意味で、当事者がわかっているものを示します。
 itは、thisやthatで指し示されたものを、「お聞きのそれは」「話題のそれは」といった意味で使われます。

現在形 過去形 原形 ing形 ed形
am,are,is was,were be being been

CLOSE