第3節 節を副詞的に使う (副詞節)

【第3節 学習の流れ】

文法では、副詞節といった名前をつけられていますが、しょせんは節(主語と動詞が備わったもの)で、「時」「原因・理由」「条件」「目的」「譲歩」などを表現します。

第3節 節を副詞的に使う(副詞節)
(1) 「時」を表す副詞節
When I called her, she was having a bath.
私が彼女に電話したとき、彼女は風呂に入っていました
(2) 「原因・理由」を表す副詞節
As she is like my mother, I lik her
彼女は私の母に似ているので、私は彼女のことが好きです
(3) 「条件」を表す副詞節
If I call her, will she be plesed?
もし私が彼女に電話したら、彼女は喜ぶだろうか?
(4) 「目的」を表す副詞節
He went to his room so that he would call her.
彼は、彼女に電話するために自分の部屋に行った
(5) 「譲歩」を表す副詞節
Even if I call her, she won't answer it.
たとえ私が彼女に電話しても、彼女は出ないだろう

CLOSE