第2節 節を形容詞的に使う (形容詞節)

【第2節 学習の流れ】

文法では、関係代名詞とか関係副詞といった名前をつけられていますが、しょせんは節(主語と動詞が備わったもの)で、「どんな〜」と付け足して説明する表現法です。それを私は形容詞節とまとめて表現しています。

第2節 節を形容的に使う(形容詞節)
その1 形容詞節を使いこなす (関係代名詞)
The woman who called me is my wife.
私に電話してきた女性は私の妻です
The woman whose name is Lucy called me.
ルーシーという名前の女性が私に電話してきた
The woman I called is my wife.
私が電話した女性は私の妻です
その2 形容詞節を使いこなす (関係副詞)
This is the room where he called her.
ここか彼が彼女に電話した部屋です
I don't know the time when he called her.
私はいつ彼が彼女に電話したかわかりません
This is (the reason) why I called her.
これが私が彼女に電話した理由(ワケ)です
What is important is (the way) how they get along together.
重要なのは彼らがいかに仲良くやっていくかということです
その3 what節を使いこなす
What you are saying is wrong.
あなだ言っていることは間違っています
I don't believe what you are sying.
私はあなたが言っていることを信じません
That is what I want to say.
私が言いたいのはそういうことです
Thre's a reason in what you say.
あなたの言うことにも一理あります

CLOSE